〒135-0048 東京都江東区門前仲町2丁目4-12-3F

Tel 03-6873-8261

Mail montique_monnaka@yahoo.co.jp

友達追加ボタン.PNG
  • Instagramの社会のアイコン

門前仲町駅徒歩1分 完全予約制プライベートエステサロン

アパルトマンサロン.モンティーク

    ©2020 Appartement salon. montique 

オリジナル施術「深リンパ圧ボディ」とは?

あらゆる不調の悩みは免疫器官であるリンパに由来することが数多くあり、リンパの中でも体の深い部分にある深リンパを流すことで多くの不調を改善することがわかってきています。

​一般的なリラクセーションサロンでのやさしく流すリンパ施術(浅リンパを主に流す)ではあらゆる不調要因は解決せず、なんとなくよくなった気がする…程度でしたが、力強い「深リンパ圧ボディ」(深リンパを主に流す)ではより多くの不調を解決でき、睡眠の質が上がった!体の調子が良い!などの効果も期待できます。

痩身エステサロン・高級リラクセーションサロン・5つ星ホテル客室マッサージなどの経験から学び、それらの良いところを融合し、より効果的に改良したモンティークにしかないオリジナル技術が「深リンパ圧ボディ」です。

あらゆる技術を取得してわかったのは、深い層にあるリンパを流さなければあらゆる不調は改善しないということ。

深部のコリを​ほぐすには指先に体重をかけて筋繊維をほぐし、重度なムクミを取るには掌全体に体重圧をかけてリンパを流し、ボディラインをつくるには筋肉を包む筋膜までも動かす技術が必要であり、​皮膚のすぐ下にある浅リンパよりも深い筋肉層近くにある深リンパを力強く流さなければならない高い技術力が必要です。

「深リンパ圧ボディ」は、“イタ気持ち良い”施術で、寝落ちしてしまうゲストが多数です。施術後は空を飛べそうなほど体が軽くなったと好評です。

モンティークでは、「睡眠不足」「疲労回復」「ダイエット」を目的とされる方にまずは「深リンパ圧ボディ」をオススメしています。

※リンパとは、

体の中でも免疫機能をつかさどるリンパを流す事で老廃物を回収し・押し出し、さする事でリンパ球を増やす、健やかな生活のためのケアとして注目を集めています。

 

 

 

新技術「筋膜カッピング」とは?

 

☆吸い玉カッピング×筋膜リリース×セルライトケア

☆従来の吸い玉カッピングの進化系「筋膜カッピング」

そもそも!!

カッピングとは?

「吸い玉」とは元々中国の民間療法でカッピングとも言われており、カップみたいなものを人間の身体にくっつけて、カップの中の空気を抜いて気圧をさげ、身体の中の老廃物を表に吐き出し、「体の滞り」を改善する治療法。 カッピングは施術を通してたくさんのキレイな血液や新鮮な酸素の流れをつくりだすことで、身体の不調の原因となる「悪い血液」「汚れた酸素」「気の流れの滞り」を改善することを目的としています。 

筋膜リリースとは?

筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。筋膜リリースがときに「筋膜はがし」と翻訳されて呼ばれる理由もここにあります。

従来は、アイロンを使用するように、両手を使って皮膚表面を引き剥がしたり、指で筋膜同士を引き離したり、手のひらでこするようにマッサージし、筋膜リリースを行なっていました。

この方法は高度な技術が必要で、時間もかかるものでした。しかも、筋肉本体は一時的に柔軟性を取り戻しても、筋膜の柔軟性がなければ、時間の経過とともに再び筋膜、筋肉は、萎縮してしまうのです。

筋膜組織の機能回復を図るためには、物理的に圧迫・刺激を加え、筋膜の乱れを取り除くことが必要です。

筋膜カッピングとは?

カッピングと筋膜リリースと組み合わせた新しい技術。

カッピングの特徴であるガラス製の吸い玉をシリコン製のもので使用し、吸いつけたまま前後左右に動かすことで、カッピングの効果(体の滞りを改善)と、筋膜リリースの効果(筋膜の柔軟性を回復)を同時に得られます。

また、吸いつけてスライドすることで皮膚のすぐ下にある皮下脂肪にも作用し、女性にとって気になるセルライトをほぐす効果も期待できます。

従来のカッピングでは吸いつけて動かさないため、紫色の瘀血がカップの形に縁取られて跡が消えにくいデメリットもありましたが、筋膜カッピングはスライドして動かすため個人差こそあるものの、跡が残りにくいのがメリットです。施術後に青あざのように残る部分は筋膜の癒着が強かったり、セルライトが多い部分であるため、回数を重ねてほぐして流していく事で跡は残りにくくなります。デメリットは、コリやセルライトが定着している場合、施術の痛みが伴いますが、筋膜カッピングの定期的なケアでそれらの改善を目指します。理想的なペースは2週間に一度全身の筋膜カッピングでケアする事をお勧めいたします。

理想的なボディラインを手に入れるためには「体の滞りを取り除き、筋肉が正常に可動するよう筋膜をほぐす」ケアを入念に行う事が大切です。体質的に筋肉質であったり、硬くてほぐれない体の方でも、施術後は柔らかくしなやかな感触の体を体験頂けると思います。

「筋膜カッピングはこういった方にオススメ!」

・パソコンやスマホでつい姿勢が悪くなってしまう

・鍛えているのに痩せない

・コリやセルライトの塊が気になる

・筋肉の可動域を広げたい

・綺麗な筋肉のつき方になりたい

NEW!!「ハーブピーリング」とは?

☆OHLハーブピーリング採用で剥けない!痒くない!

☆厚塗りファンデはさようなら、憧れの陶器肌へ!

肌質改善の最終手段にも使われるハーブピーリングですが、植物由来(ハーブ)や海藻由来(ミネラル)などの天然成分を用いて、棘状(とげじょう)の成分を肌に浸透させる事で新陳代謝を高め、皮膚の再生を促します。

皮膚の内側から細胞を活性させられるのがこのハーブピーリングの特徴です。

通常の市販などでよく目にするピーリングは肌表面の剥離を促す物ですが、ハーブピーリングは肌の奥から働きかけ角化を促せるものです。高い安全性と大きな効果が見込めることから、価格は高めの2〜5万円代です。

モンティークで採用しているハーブピーリングは、生薬由来(スギナ葉、茯苓、カイコエキス、ドクダミ、半夏生、硫黄)が入っており、形状も目には見えませんが毛穴にすっぽり入るサイズで小さいトゲがついた球体で、剥離しません。

3日かけて毛穴に入り込み出ていくため、最短のお手入れ周期は3日で再度施術が可能なほどお肌に優しい成分でできいます。※ピール10を使用した場合のお手入れ周期は1ヶ月です。

そのため、ハーブピーリングで感じるデメリットが非常に少なく、ダウンタイムがないためより早く、より効果的に肌質改善が可能になりました。

よくあるデメリット例は…

・施術中トゲが刺さる痛みがある(割れたガラスで削られるような感覚です)

・翌日とても赤みが出てヒリヒリする

・施術後1週間は痒みがある、皮剥けする

・痒くてもかいてしまうとお肌状態が悪化する

・金額が高い

・施術後は1週間はメイクが全く出来ない

など

剥離ありのハーブピーリングと、剥離なしのハーブピーリングの共通点は、1回だけでも効果は感じていただけますが、深刻な悩みほど回数を重ねる必要があります。そして、モンティークで採用しているハーブピーリングでは上記のよくあるデメリット例がありません。

定期的なお手入れとして考えていく場合、デメリットは少ない方が良いかと思います。

価格も1万円代で通いやすい設定にしています。

ニキビ、ニキビ跡、アトピー、角質肥厚、毛穴、黒ずみなど気になっている方は、是非一度「初回専用ハーブピーリング【施術45分肌診断15分】」でご体験下さい。