流行る専門店と流行らないおうちサロン

最終更新: 3月8日

私は何かを売ったり、営業かけたりが結構苦手なタイプ。

もし自分がエステに行って商品の話ばかりされたら嫌だし、お店に行くたびに着圧サポーターを買うよう営業されるのは嫌。ほんとに良いものだから勧めるっていう程の話もあるけど、大概営業トークなことには変わりないので、されて嫌なことはしない主義。

だから今だにお店の中には商品をほとんど置かないで、オープン当初はチョコレートを置いて売れなかったら自分で食べてww「なんでチョコレート置いてるんですか?」っておもむろに聞かれて、チョコレートが好きな話や、他のサロンが売ってないものをあえて置いてみたかったという単純な考えで置いていたけど、チョコだけにちょこちょこ売れてました。


モンティークにはいろんなお客様がいらっしゃるけど、みなさん職種もバラバラ。

共通項としては、それぞれにその道のプロが多いかも。

接客のプロの意見は私も一目置いて話をじっと聞きます。

営業のプロは一言一言が勉強になるなと感じたり、なるほどなと思ったり。


ただお客様の話を聞いていて残念なのは、新入社員が育たないことや、長年働いていても売上が伸びない人、やる気がない人、給料ドロボーの人、頑張っていると言うけど結果が伴わない人、反抗的な人

簡単に言うと、仕事の出来が良くない人が世の中に多いということ。


できる人と出来ない人の組織での割合は、2:8でほとんどが出来ない人で会社は成り立ってると聞いたことがある。

なんと恐ろしいことだろうか。

2割の人間の成果で8割の人がのうのうと生きれる世の中なのだ。

でもお客様の意見や話を聞いている限りこれが現実なんだと強く頷ける。


じゃあ、できる人と出来ない人の違いはなんだろうか?

高価なものを売れる人ほど、誰とでも仲良くなるのが早い。

接客がすばらしい人ほど、相手の気持ちを汲むのがうまい。


結論、コミュニケーションスキルがあれば、上位に入れて、なければ入れない。

ある程度のベースは必要だけど学歴でもなければ、身体能力の高さでもない。

人と意思疎通を測れる能力が高ければ仕事ができる人になるんだと感じた。


唯一、この業種はコミュニケーション関係ないなと思うのは、ラーメン屋さんくらい。

味さえ良ければ、どんなに頑固な店主がやってても、店が汚くても、出てくるのが遅くても、たとえ高くても、人は待つし、通うし、その店のルールに従う。


エステサロンはそうはいかない。

技術さえ良ければ沢山の人が通う店はない。

技術、接客、店内インテリア、清潔感、サービス内容、価格

全てジャッチされる。

トータルが良くて初めてリピートしてもらえる。

それと同時に施術内容が絞られていてそのジャンルに特化しているお店。

ヘッド専門店、痩身専門店、アロマ専門店、、、、

モンティークはご褒美専門店…ある意味しぼれてないですが。


だから、この技術さえあればリピート率上がります、なんてのは夢のまた夢であります。

特にダメな例は、言うまでもないけど、自宅兼サロンの方は注意が必要です。

「家っぽさ」や「生活感」が至る所に出やすく、お客様はわざわざ汚い人の家に上がるのにお金を払わされてる感覚に陥ります。癒されないし、行きたくないお店になってしまう。

ちなみに完全なテナントなのに生活感あるサロンも沢山あります。

なんでだろね?

どうやっても自分の管轄外で手が出せない事以外は、努力で変えられます。


以下の内容に当てはまるかも?と思った方はすぐにでも改善しましょう!


・施術する場所からキッチンや生活スペースが見える

・施術ルームの中に人の家にありそうなタンス、収納ケースがある

・お客様に出すグラスをプラスチックの子供が使うようなコップにしている

・お手拭きが遠足用のおしぼり

・家の独特の匂いがする(ご飯の匂い、生活臭)

・収納がなされていない、ちらかっている

・実家にありそうな玄関マット、家庭向けの絨毯を敷いている

・テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどの家電が剥き出し

・トイレのお掃除道具が丸見え、家庭用のトイレマット、便座カバー、ついでにトイレットペーパーホルダーにもダサめのカバー

・インテリアに合わない造花、掛け軸をそのままにしてる


きりがなくなってきたので、何を変えたら良いのか、何がダメなのかジャッチ出来ない方は、無料でメール相談もありますので、森までお問い合わせください。







最新記事

すべて表示

お客様から高評価を得るサロンになるにはどうしたら良いか?

人からの評価、口コミの星の数、人に勧めたいマイベストサロン、なんちゃらかんちゃら。 人はなぜこんなにも順位をつけたがるのか不思議ですね、でも、評価が高い方が嬉しいし、通ってるサロンが高評価だと周りに言われたら、きっと誇らしいことでしょう。 お客様から高評価を得るには何をどうしたら良いと思いますか? 私の答えは「自分と価値観の似ているお客様だけ来てもらったらいい」と思います。 結局のところ お店の清

no pain no gain

「労なくして、益なし」 苦労、労働、労力、疲労、毎日色んな「労」をした先に益がある。 労しない者に益はない。 何をどれくらいがんばらないといけないか、自分を超えられるのは自分しかいない。筋トレだったら、今の限界より1個重りを増やすか回数を増やす。 沢山、労を経験してきた人は、大抵の労は耐えられるように、 労の経験がない人は、ちょっとしたことでも動揺して、諦めるのが早い。 以前私も後者の時代、こんな