アパルトマンサロン・モンティークとは?


「フレンチアンティーク×エステ」

〜アパルトマンサロン・モンティークのイメージ〜

パリ(モンマルトル辺り)のアパルトマンに住むパリジェンヌの世界観をテーマにインテリアをデザイン。

フレンチアンティークにまとめられたその部屋は、ミニマムでシックな装いが居心地よく、それでいて贅沢だ。

待合室には暖かなシェードランプがあり、一脚のみの椅子。一人暮らしの女性が、そこでゆったり読書していそうな雰囲気。

施術ルームは、味のあるアパルトマンを思わせるモルタルの壁とベッドが一台。うたた寝が気持ち良さそうな静かな空間になっている。

ここに来ると、パリの街のおしゃれなアパルトマンで生活をしていると錯覚する。

居心地のいい空間で、リラックスし癒され「心地よいエステ」を受け自分磨きが出来る。

もうひとつの自分の家のような素敵なエステサロン。

アパルトマンサロン・モンティーク

普段頑張っている自分へのご褒美として過ごして頂きたい。

至福の一時を心身共に感じてください。

#サロンコンセプト

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オイルトリートメントは物足りない?そんなことないです!

一般的なオイルトリートメントは確かにやさしーく、なでるように。ですね、 表層リンパを流すのが目的なので間違ってはいないんです。 皆さんは、全身トリートメントで 「なぜか物足りない感じがした」という事ありませんか? 私の考えるオイルトリートメントからすると相当足りない事だらけの施術が沢山あります。 とあるアロマサロンでは、脚の施術は膝上15センチ?膝と脚の付け根の丁度真ん中くらいまでしか流してくれな

モンティークこだわりのオイルトリートメント

恵比寿の高級リラクセーションサロン、都内5つ星ホテル客室担当での経験から考案されたモンティークのオイルトリートメント。こだわりの技術は!? まず、リンパについて リンパには皮膚の比較的浅いところの静脈と平行して流れている浅リンパ管と 筋肉などの近いところにある深リンパ管がある。 どちらも滞るとよくない事が… 浅リンパ管はむくみ・しみ・しわ・たるみ 深リンパ管は筋肉疲労によるこり・しびれ・冷え・だる

〒135-0048 東京都江東区門前仲町2丁目4-12-3F

Tel 03-6873-8261

Mail montique_monnaka@yahoo.co.jp

友達追加ボタン.PNG
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

門前仲町駅徒歩1分 完全予約制プライベートエステサロン

アパルトマンサロン・モンティーク

    ©2020 Appartement salon. montique