no pain no gain

「労なくして、益なし」


苦労、労働、労力、疲労、毎日色んな「労」をした先に益がある。

労しない者に益はない。


何をどれくらいがんばらないといけないか、自分を超えられるのは自分しかいない。筋トレだったら、今の限界より1個重りを増やすか回数を増やす。


沢山、労を経験してきた人は、大抵の労は耐えられるように、

労の経験がない人は、ちょっとしたことでも動揺して、諦めるのが早い。


以前私も後者の時代、こんなに頑張っても報われないんじゃないか、たくさん苦労してもこの先の成功は約束されてないから諦めようか。

やめる理由なんていくらでも思いついた。


施術者も同様、手技が上手な人ほど沢山の施術で労を経験してきたはず。経験に勝るものはないと思う。


エステティシャンの仕事は、あらゆる職人と呼ばれる人の「一人前になる」に値するには、少なくとも5〜10年必要な気がする。

経験4年で独立したから、当時は当たって砕けろだった気が…。


それまでの間に、要は10年以内の経験ならば、まだまだ伸びしろがある訳で悩んだりする前に、もっと「労」が必要なんだ!と思おう。


体が故障してしまうやり方は良くないけど、それを理由に経験を積まないのも、また一つ労なくして益なし。


ちょっとずつでも経験を積み重ねて「労あって、益あり」の方向にシフトしたい。


どんなに進歩がなくても、芽が出るのに時間がかかっているだけと思うようにして、唱えるように、じっくり自分の中の忍耐力をつける。「私にはもっと労が必要なんだ」と。


まずは自分で自分を応援できなくちゃ、誰も応援してくれないだろうと思うし、早く諦めるのは今までいくらでもしてきたはず。そろそろ粘り強く期待してあげようって自分を受け入れてあげる事が大切なんだと思う。


好きなように生きるために。

苦労は買ってでもしよう!!ってことなんだろう。


いやだけど、きっと自分の為になるはず。




最新記事

すべて表示

流行る専門店と流行らないおうちサロン

私は何かを売ったり、営業かけたりが結構苦手なタイプ。 もし自分がエステに行って商品の話ばかりされたら嫌だし、お店に行くたびに着圧サポーターを買うよう営業されるのは嫌。ほんとに良いものだから勧めるっていう程の話もあるけど、大概営業トークなことには変わりないので、されて嫌なことはしない主義。 だから今だにお店の中には商品をほとんど置かないで、オープン当初はチョコレートを置いて売れなかったら自分で食べて

理想のエステティシャンとは?

私の理想のエステティシャンは、こんな人。 ・営業をかけてこない ・体のこと、生活状況、人間関係に気遣ってくれる ・自分に必要なすべきことを利益優先ではなく提案してくれる ・人間味がある、親身になってくれる ・肌など綺麗 ・価値観が近い ・自分を持っていて、はっきり物事言ってくれる ・笑える話題のネタを持ってる ・技術・接遇に感動をくれる 簡単に言うと「相性が良い」人の事。 「手と肌」「会話のキャッ

わたしなりの働き方改革

2020年、今年はコロナの影響なのかもう秋になってしまったのかと、月日の経過がいつも以上に早く感じます。 3ヶ月間くらいまるっと消えてなかったかのような自粛生活がそう思わせるのかもしれません。 春から色々お店を変えていこうと考えていたこと、施術数を減らして、技術力を高めていくこと、ある意味コロナじゃなくてもそういった改革をしていこうと決定していたことは、ちょっと違う形ではありますが、大枠、思ってい

〒135-0048 東京都江東区門前仲町2丁目4-12-3F

Tel 03-6873-8261

Mail montique_monnaka@yahoo.co.jp

友達追加ボタン.PNG
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

門前仲町駅徒歩1分 完全予約制プライベートエステサロン

アパルトマンサロン・モンティーク

    ©2020 Appartement salon. montique